印刷業界に流れる時代 (現役DTPオペレーターが教える仕事・転職・資格情報)

印刷業界に流れる時代 (現役DTPオペレーターが教える仕事・転職・資格情報)

TOPページ 印刷業界について > 印刷業界に流れる時代

 

印刷業界に流れる時代

印刷物というものは、そのほとんどが宣伝広告のために使われるツールです。景気の低迷が続く今の時代では、宣伝広告にさかれる費用は一番に削られています。

その影響をまともに受けて、印刷業界は特に厳しい状況に立たされています。 またインターネットの普及により、さまざまな情報伝達がネット経由で行われるようになったことも印刷業界に影響を与えています。

HPやメールを利用した情報伝達はタイムラグがなく、ネット環境さえあれば望む人が望むときに情報を見ることができる点は、印刷物にはない大きな利点です。

紙媒体がなくなることは決してないと思われますが、やはりその一部がネットに取って代わられていることは否定出来ません。 このような厳しい状況の中で、印刷業界はどのような道を進むべきなのでしょうか。

まずはやはり、Webなどとのメディアミックスをより戦略的に進めることだと思います。

既に多くの会社がDTPとWebの両方を手がけていると思いますが、その流れは必然としか言いようがありません。

印刷物として作られたツールでも、それを手にする機会のない人にはWebを利用してもらう、Webでより詳細の情報を見てもらうために印刷物を利用するなど、相方のいいところを組み合わせることが必要だと思います。

また、これだけ何もかもがデータで扱われるようになった時代では、そのデータそのものを上手く整理し検索性を高めることが求められているのではないでしょうか。

仕事の性質上、まとまったデータを扱う機会の多い印刷業界では、そのデータをデータベース化するということも、一つのビジネスとして考えられると思います。

つまり、印刷物だけで事業を成立させることには限界があるということです。最大手2社の独占状態にある市場では、それ以外の会社はその下請け、孫請けになるか、小さな仕事をこつこつとする以外にない状況にあります。

その中で生き残ろうとすれば、どうしてもプラスαの能力が求められるものです。そしてその中で働く人間にも、プラスαのスキルが求められるというこです。

DTPオペレーターもDTPにとどまらないスキルを身につける覚悟が必要だと思います。

ページトップへ↑