印刷業界について(現役DTPオペレーターが教える仕事・転職・資格情報)

印刷業界について(現役DTPオペレーターが教える仕事・転職・資格情報)

TOPページ 印刷業界について > 印刷業界について

 

印刷業界について

印刷物と一言で言っても、その種類は多岐に渡ります。新聞や雑誌のようなものが一般的にはイメージされると思いますが、紙以外のものに印刷を施すこともあります。印刷物と言われるものの例を簡単に並べてみます。

・ポスター ・チラシ ・POP(店舗に置かれる看板や値札) ・カレンダー ・名刺 ・シール ・新聞、雑誌(ページ物といわれることも) ・パッケージ(商品を包む箱や容器) ・タペストリー  ・車両広告 ・プリント配線版 ・ICカード   

など多種多様… 大きな印刷会社だと、ここに挙げたものすべてを(もちろんそれ以外も)手がけている会社もありますし、町の小さな印刷会社のように、限られたサイズの紙の印刷のみを手がけるという会社もあります。DTPではデザインからデータ作りまでを担当するので、さまざまな印刷メディア(紙や他の素材)の仕事に関わる可能性があります。

しかし、やはり紙の印刷物を作ることが多いと思うので、ここではポスターを例に用いて、印刷物のできる流れを説明したいと思います。

ex)A社のポスターをB印刷会社が作るとしたら…

A社の広報担当者がポスターをB社の営業担当に依頼

B社の営業担当者が社内のデザイン担当者にデザインを依頼

デザイン担当者はパソコンでデザインを作成

デザインの提出、決定

デザインのデータを印刷用に変換

印刷用フィルム(写真のネガのようなもの)の出力

(この行程が発生しないCTPという方法もある) フィルムから製版(インクののる板のようなものを作る)

印刷

カット

梱包、発送(納品)

各工程で校正と言われる内容確認作業が発生します。

またデザイン、フィルム出力、印刷が、違う会社で行われたり、会社によって多少流れが違ったりします。あくまで流れの一例として見てください。

一口に印刷業界と言っても、扱われる印刷物は会社によってさまざまです。

大きな意味で言えば、世の中の広告物全般を担う業界とも言えます。印刷業界に興味を持ったとして、まずは「自分はどんな印刷物を手がけてみたいのか」ということを考えて、就職先を探すようにするといいでしょう。

ページトップへ↑