インターネットでの就職活動 (現役DTPオペレーターが教える仕事・転職・資格情報)

インターネットでの就職活動 (現役DTPオペレーターが教える仕事・転職・資格情報)

TOPページ DTPオペレーター体験談 > インターネットでの就職活動

 

インターネットでの就職活動

インターネットでの就職活動 新卒生でも中途採用の就職活動でも、いまやインターネットを抜きにしては考えられない時代となっています。

もちろん従来のように、直接はハローワークを訪れて求人を探したり、求人雑誌や折り込みの求人を見て探す、ということも昔と変わらずにあると思います。

しかし、ハローワークの求人にしてもそれ以外の求人でも、インターネットを利用することで飛躍的に利便性が高まると言えます。

ハローワークの求人の場合、インターネットで情報のすべてを閲覧出来る訳ではありません。求人をかけている会社によっては、ハローワークでの登録をしている人にしか求人情報を提供していないところもあります。

また、詳細情報については別紙(補助票)を見るように指示してあるものもあるし、面接を受ける際にはハローワーク発行の紹介状を必須としているところもあります。

そういった意味で、最終的には直接ハローワークを訪れることになるかもしれません。

しかし、情報を検索する段階ではその情報の掲載率は9割を超えているとのことなので(ハローワーク職員談)、家のパソコンでめぼしい求人を見つけて改めてハローワークを訪れる、というのが効率よく時間を無駄にしなくてよいかもしれません。

次に求人サイトについてですが、現在では有名どころから新規参入のものまで含めると相当な数のサイトがあります。どのサイトを利用するかはもちろん利用する人の好みになるのでしょうが、私は複数のサイトを利用することをお勧めします。

同じような大手のサイトでも、もっているクライアントは同じではありませんし、小さなサイトでも地元密着のものなどは大手サイトが載せないような会社を載せている場合もあります。

サイトによっては、複数の求人サイトの情報をまとめて検索出来るものもあります(ex.楽天主催のサイトなど)。そのようなサイトを利用すれば、効率よく検索が行えるでしょう。

ハローワークや求人サイトでめぼしい会社を見つけたら、その会社のHPを見ることをお勧めします。今の時代、ある程度の規模の会社になれば自社のHPを作っているところが増えています。

そこで事業内容、規模などを確認すれば、自分とマッチする会社なのかを判断する材料になるでしょう。

そしてDTPオペレーターとして就職活動をするということについてですが、専門性のある仕事だけに求人数が多いとは言えません。特に地方での求人数は極端に限られていると言えます。

サイトを利用しても、なかなか求人に巡り会えなかったり、求人があっても自分の希望と合わなかったりするかもしれません。逆に都市部では、人の入れ替わりが比較的激しい業界なこともあり、待遇や自分のやりたいことを考慮した就職活動が行えるくらいの求人があるでしょう。

また、転職を考えての就職活動の場合は、年度の変わり目や業界の多忙時期(広告を担うだけに、8、9月と1、2月は暇になる傾向がある)を考えて転職時期を決めると、タイミングよく求人に巡り会えるかもしれません。

独立して仕事をしない限り、どこかの会社に就職をすることになります。自分にあった会社を見つけるためには、便利なものはとことん利用して情報のアンテナを張り巡らせることが大切です。

とくに特殊な職種であるDTPオペレーターは、出会いを逃すと次の機会はなかなか巡ってこないかも知れません。タイミングを逃さずに、どん欲に情報をキャッチするようにしてください。

ページトップへ↑