印刷会社とは(現役DTPオペレーターが教える仕事・転職・資格情報)

印刷会社とは(現役DTPオペレーターが教える仕事・転職・資格情報)

TOPページ 印刷業界について > 印刷会社とは

 

印刷会社とは

印刷会社とは、主にフィルム出力以降の行程を受け持つ会社ですが、ほとんどの会社ではデザインの部分から関わる仕事もしています。

そこでDTPオペレーターのスキルが必要となってくるのです。

印刷会社では次のような人が働いています。

・営業担当 (仕事をとってきて、その内容をディレクターとともにクライアントと折衝する)
・原稿整理担当(原稿を整理したり、データ入力をしたりする)
・ディレクター(クライアントの要望を実現するための企画を立てる)
・デザイナー(デザインを作成する)
・DTPオペレーター(デザイナーの指示によりオペレーション業務をする)
・校正者(原稿内容と制作物に間違いや問題がないかチェックする)
・印刷技術者(印刷機を動かす)
・生産管理者(主に印刷機を止めずに動かすためのスケジュール調整、各担当者のパイプ役をする)

これは大きな会社の場合なので、会社によってはそれぞれの工程を同じ人が担当したりします。

ex)営業とディレクターが同じ人間、ディレクターとデザイナーとDTPオペは同じ人間、校正は営業がするなど…。

また、「デザイン事務所」という言葉を聞くことがあると思うのですが、これは主に企画、デザイン、オペレーションの仕事を行う会社です。印刷会社からデザインの仕事を依頼されたり、逆にデザイン事務所が営業し制作したデータを、印刷会社に外注したりすることもあります。

印刷物に関わる仕事として、DTPオペレーターの他にもさまざまな役割があります。

まずはどんな役割があるのかを知り、自分はどの部分の作業に関わりたいのか、手がけたい仕事は何なのかを考えましょう。そして、その役割にはどんなスキルが必要なのかを知り、そのための勉強を開始するとよいでしょう。

ページトップへ↑