DTPオペレーターの仕事(現役DTPオペレーターが教える仕事・転職・資格情報)

DTPオペレーターの仕事(現役DTPオペレーターが教える仕事・転職・資格情報)

TOPページ DTPオペレーターとは > DTPオペレーターの仕事

 

DTPオペレーターの仕事

DTPオペレーターの仕事を簡単に言うと、「印刷会社やデザイン事務所などさまざまな現場で、デザイナーの指示を受けてパソコンオペレーションをする」ことです。

ディレクター、デザイナー不在の現場では営業担当者の指示を直接受けてデザインから担当する場合もあります(こうなるともうデザイナーですが)。ここでは印刷会社での仕事を想定して、他の作業の担当者との関係も含めてDTPオペレーターの仕事について説明します。

デザイナーからのデザイン指示(手書きのラフの場合、あらかじめ大まかに組まれたデザインデータの場合などさまざまな形で指示が来ます。)

原稿整理担当者よりデザインに載せるデータをもらう。(流通のチラシなどの場合、こういう工程が発生します。)

レイアウトソフトを使用してデータを作る。

プリンターでプリントアウト

校正者に校正を依頼(原稿内容との間違いを探してもらう)→赤(修正指示)が入ったものが戻される

赤を修正

プリンターでプリントアウト→営業担当者に提出

営業担当者がクライアントにデザイン案を提出

クライアントが赤を入れる

クライアントの赤を修正

プリンターでプリントアウト

営業担当者に提出

営業担当者がクライアントに提出

デザイン確定

データを印刷用に変換

フィルム出力(またはCTP)の工程へ

こうして見てみると、DTPオペは印刷の流れの中でも、「間違いなくデータを作る」という部分に関わっていることがわかります。最終段階になるとデザイナーが介入しないことも多いので、データ作成の部分では最終責任者として作業することが多い、責任の重い仕事です。

DTPオペレーターがミスをすると、フィルムを無駄に出力して会社に損害を与えたり、間違えたまま印刷物が世に出回ってしまい、クライアントに損害を与えたりすることがあります。そういった意味でも、ミスの許されない作業を担当していると言えます。 このように、デザイナーとDTPオペレーターには、それぞれに異なる重要な責務があります。

「デザイナーの方が偉い」といった見方も強いですが、DTPオペレーターとしての道を極めれば、「最終データはこの人でないと」と言われるようななくてはならない存在になることもできます。DTPオペレーターとは、そのような誇りをもってできる仕事です。

ページトップへ↑